2006年07月22日

ハウルの動く城

スタジオジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」が、昨日日本テレビ系列でノーカット地上波放送された。
邦楽興行成績歴代2位ということで、かなりの人が見ただろうこのアニメって、第62回ベネチア国際映画祭 栄誉金獅子賞取っていたのね@@;
忘れてたw

前作の、千と千尋がとーっても好きだったんだけど、今回はアルザス地方に取材に行ったそうで、ヨーロッパ風味のファンタジー。
第二次世界大戦前っぽい雰囲気で、あいかわらずの反戦メッセージも健在。
色々評価は分かれたみたいだけど、私は好きな作品でしたよ、ハウル。

なんたって、主人公のソフィーがかわいいし、相手がヘタレのハウルって笑えた。
美貌の魔術師ハウルは、実は臆病者の超ヘタレってあたり、もうちょっと描いて欲しかったようなw
まー、サリヴァン先生の最後の弟子で、荒地の魔女に追いかけられれば、そりゃシンドイわなあwww
これって、ヒロインはソフィーじゃなくて、ハウルの方だわよね。
ソフィーの声優だった倍賞さんの声は、映画を見ている間に違和感はなくなりました。さすが演技派女優。これは若い子には出せないなあ。
美輪さんの声の演技は、すばらしかった。
荒地の魔女の恐さとキュートさが、とてもよく出てたわあ。

個人的には、世界観は今までの宮崎アニメの中では、一番好きかなあ。
美しい自然と破壊兵器の対比が効いてて、子供に安心して見せられる映画。
大人もちゃんと楽しめるって、いいことだわ。

最後に、王子様よりハウルしか眼中になかったソフィー萌えw
きれいに完璧に無視状態で、かなり笑ったw
ハウルっていい意味で愛妻家よりも恐妻家になりそうで、その後が見たかったようなw
ま、ハウル、かわいかったよw うんwww

宮崎氏の長男が「ゲド戦記」をアニメ化の監督らしいけど、どうなることか。
硬派なSFファン達を納得させられなくてもいいので、子供でもわかるような作品に仕上がっているといいなあ。
どっかで、「闇の左手」アニメ化してくれよw


ハウルの動く城
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005-11-16


posted by リュニィ at 09:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21190762
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。