2006年07月15日

ユーヴェ優勝剥奪

現地時間14日、ユヴェントスをはじめとする複数クラブの八百長疑惑について審理が行なわれていたイタリアで、同クラブなど3クラブを来季セリエB(2部相当)へ降格させるとの判決が下った。なお、同様に審理の対象となっていたミランは降格を免れている。ロイター通信が報じた。

 ユヴェントスは昨季破竹の勢いで2シーズン連続優勝を果たした、名実ともにビッグククラブ。しかし、シーズン終了間際に同クラブとイタリアサッカー連盟幹部が絡んだ審判不正手配疑惑や粉飾経理などが発覚、幹部が総辞職する事態に追い込まれたほか、現役イタリア代表選手も事情聴取を受けるなどの一大スキャンダルに発展していた。

 当初、ユヴェントスはセリエC1(3部相当)への降格が予想されていたが、GKブッフォンをはじめ、2006年W杯優勝に多くのユヴェントス選手が貢献したことも働いたのか、2部降格との判決が下った。とはいえ、ユヴェントスにとっては過去2シーズンの優勝が剥奪されるほか、勝ち点マイナス30からのセリエBスタートと、非常に厳しい処分。セリエBで大勝したとしても、同クラブの来季1部昇格は困難であり、スター選手の移籍は必至との見方もある。

「毎日新聞ニュース」−−−−−−−−−−−−−−−−


3部じゃなくて、まだましだったね><
うーん、これで中心選手たちは、切り売りかなあ。
スター選手ぞろいって、こうなるとかえって仇でしたね;;
ネドベドどうするんかなあ。
クラブでの現役は続行みたいだから、先行きはっきりするといいね><
posted by リュニィ at 16:06 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。