2006年06月30日

セリエA八百長疑惑

イタリア・サッカー協会のスポーツ裁判は29日、ローマ市内のオリンピコ競技場で開かれ、プロサッカー1部リーグ(セリエA)をめぐる不正疑惑事件の審理を始めたが、手続きを巡って中断となった。7月3日に再開し、裁定は9日までに下される予定。

 審判員を不正に指名し、自チームに有利な判定をさせたとして、▽ユベントス▽ACミラン▽フィオレンティナ▽ラツィオのリーグ上位4クラブが審理対象となっている。また、ユベントスのモッジ前ゼネラルマネジャーをはじめ、各クラブの幹部や前サッカー協会長、10人の審判員らに対する処分も検討される。

 ANSA通信によると、疑惑の中心人物とみられるモッジ氏は審判員を飲食接待し、ユベントスのスポンサーである自動車会社の車を半値で提供していたことが、新たに分かった。

 「有罪」と判断されれば、ユベントスは2季連続の優勝をはく奪されるうえ、2部リーグ(セリエB)以下に降格される見通し。フィオレンティナ、ラツィオも降格の可能性がある。ACミランは1部に残るが、来季の欧州チャンピオンズリーグへの出場権を失う恐れがある。

毎日新聞 2006年6月30日 東京朝刊


欧州の覇者ユベントスが、セリエB以下に降格って。。。。。
たぶん最初で最後のW杯をまさかの1次リーグ敗退で終わったネドベドに更なる悲劇がまっておりますですよ、はい><
不正疑惑って、選手とはなんにも関係なくてさあ、今回のワールドカップのイタリア代表にユベントスから何人も出ていて、当然実力はセリエファンなら納得なユベントスが、まじで、なんだって、こんなことを;;
マフィアの関与とか、色々噂はあるけど、ネドベドの一ファンとしては、もうこれでクラブリーグまで引退とか言い出したらどうしてくれるのよー><
って感じですよ。うわあああああん><

12時間も練習しちゃうようなサッカーバカなネドベドが、器用に立ち回れるとも思えないけど。。。。
葬式柄ユニフォームじゃなくなってしまっても、まだまだ、ネドベドのMF姿が見たいよん;;
ああああああ、ほんと、ユベントスの首脳陣は選手とセリエファンとサッカーの神様に謝罪汁!!!

しかし、なんつーか、どらまっちっくな展開になってもうて、、、、
チェコは、FWがちゃんとしてたら決勝リーグに残っていたであろうに><
どこまでも、悲劇だわ、ネドベド。
誰か小説か漫画にしてくれ、これ、売れるよ。うううう、泣ける><
posted by リュニィ at 12:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。