2006年03月29日

割り箸裁判無罪

東京地裁で、7年前に割り箸で4歳児が死亡した事件で、診断した医師の過失を認めながらも無罪判決が出た。

医療裁判の難しさを痛感した。

判決理由としては、過失はあったものの、結論として死亡は変わらないとかなんとか。
なんじゃそりゃ。
カルテ改ざんまでして、頭蓋骨内に割り箸残ってるままで、それで無罪?
業務上過失致死までは問えないって、そうか? そうなのか?
結果が一緒なら、無罪なの?

そりゃー、納得できないよね。



つーか、そんな医者って、害だよね。
杏●大病院にいきたくないわ。こわーこわー。
誰だってミスはする。もちろん医者ってのは、ミスしちゃいけない職業かもしれないけど、でも、誰だってミスはある。
大事なのは、ミスした後の対処だと思うんだ。
その瞬間に、できるだけの事を、していれば、ご両親だって納得できたかもしれない。
CTやMRIとれば、すぐわかる事だった。
その場で、わかっていれば救命の努力はできてんじゃない?
結果が同じでも、必死で救命の努力をした結果なら、同じ死であってもご両親の気持ちはまったく違ったんじゃないんだろうか。

なんというか、結局、医者が患者の立場に立ってどれくらい感じることができるかにかかっているんじゃないだろうか。
他人事で流してすませる医者が多い気がするんだよね。

まあ、上告だろうなー。
過失は認められたから、民事では有利だろうけど、お金の問題じゃないんだろうからね。


posted by リュニィ at 08:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。