2006年03月15日

母子殺害事件

1999年に山口県光市で起きた母子殺害事件の最高裁弁論会が、弁護人の欠席で延期になったニュースが、ワイドショー等で大きく取り上げられている。

犯人は当時18歳の男で、偶然見かけた女性を強姦目的で家に押し入り、抵抗されたたけ絞殺し強姦。当時11ヶ月の娘を紐で絞殺してたたきつけて殺したと、ニュースで言っていた。

この一家は、長いこと遠距離恋愛の末、やっと結ばれて親子3人で社宅で生活を始めたばかりだったとか。
遠距離恋愛の間は、手紙や交換日記で、お互いの気持ちを通じ合わせていたとか。
なんつーか、哀しいまでに純愛なんだよ。
なんでこういう人たちが、こんな目にあうんだろうな。
世の中もっと適当に、いい加減に恋愛してる奴なんていっぱいいるのにね。



性犯罪は再犯しますよ。

こういうのは、更生とかなんとか言ってないで、さっさと死刑にしてください。税金の無駄使いだよ。

テレビで夫のインタビューが何度もテレビで流れる。
最近、加害者の人権擁護の活動ばかりが目立つけど、こうして被害者側の声もきちんと流して事件を風化させないようにするのは大事だよね。
もちろん、もう、奥様もお子さんも戻ってはこないけど、加害者は身内を殺された怒りを受けるべきだと。

自分の妻や子供が同じ目にあったらと、みんな想像してほしい。
許せますか? あなたは。
私は、許せないと思う。きっと。

最高裁での弁論開催は異例で、高裁の無期懲役の判決が変わる可能性があるそうで。だから、死刑廃止運動の弁護士へ変わったのはわかるけど、戦術を見てると裁判長の定年退官後に次回の弁論期日を希望してたりして、なんだかなあ。
弁護士としては当然の戦略なんだろうけど、山口県から、東京へ遺族が7人自腹で上京してきて、10分で終了って、ひどいよね。
中止になるなら、遺族側に前もって連絡してあげる制度はなんだろうかね。
時間もお金も限りのある中で、遺族はやってきているのにね。


しっかし、このタイミングで結婚報告するタイゾー議員は、なんとかしてくれ。総理に報告するためには、委員会は欠席していいのかね?
わけわかめ。ほんと頭悪りぃー。
もう、ホント、いらない^^;
いや、結婚自体は、大変おめでたい良いお話なんですけど。
なんでだか、独身負け組み女の妬みかもしれないけど、ますます、タイゾー議員が嫌いになりましたw
彼の場合、新人議員でほほえましいねって次元じゃないと思うのは私だけかね?

posted by リュニィ at 09:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

現代サバイバル術
Excerpt: 各種トラブルを解決する民間交渉人が貴方に危険なポイントをアドバイス。今なら、「自己防衛に必要な"無料"レポート」を配布中!
Weblog: グレーゾーンの民間交渉人
Tracked: 2006-04-02 19:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。