2006年02月22日

ブロークバック・マウンテン

第78回アカデミー賞ノミネーション『ブロークバック・マウンテン』は最多主要8部門制覇ノミネート、ほか、英国アカデミー賞主要4部門受賞、2005ヴェネツィア国際映画祭グランプリ《金獅子賞》受賞し、かなり話題になってます。

ブロークバック・マウンテンは同性愛カウボーイがテーマの映画。
舞台は、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで、羊の放牧のために季節労働者として雇われた2人の男性イニスとジャックが、苛酷な労働の中で意気投合し、やがて愛し合うようになるが、同性愛に対する周囲の差別と偏見の中、いったんはそれぞれの土地に帰って女性と結婚するものの、その後20年にわたり同性愛関係を続けるというストーリー。


今、一番見たい映画かな。
アメリカのアカデミー賞は難しいんじゃないかと思うけどね^^;
逆に、この作品が受賞したら、見直しちゃうかもw

日本ではまだまだ、マイノリティで差別が強い同性愛をテーマにしてるんで、変な扱いや注目を受けるかもしれないけど、逆にこういう真正面から描いた作品で、偏見とかある人も見て欲しいかなあ。
同性愛は、病気じゃないし、生まれつきじゃないし。
大体、日本なんて武家社会じゃ当たり前だったわけで。
なんで、今の社会がこんな偏見まみれになっちゃってんだか、なぞだわ。GHQの陰謀か?
おかげで、隠れゲイの多いこと^^;
ゲイ先進国って言われているアメリカだって、地方じゃまだまだ差別されちゃうんだそうで。
私は、従兄弟にバリバリのゲイ(カミングアウト済)がおりまして、差別や親族の苦悩とか、うっすらと聞き及びます。
彼は結局、青春の一番輝いていた時期はスペインへ行ってしまった。
恋に破れて日本に帰国して、今、窮屈そうに生きてる。まあ、がんばってるよ。本人には言ったことないけど、不器用だけど頑張り屋な彼を私は、ちょっぴり尊敬してる。
普通じゃないって事が、それだけで周りを傷つける。
でもさー、普通って何?

恋愛不感症の私から見たら、相手が同性であれ異性であれ、心から尊敬し合い、愛し合える相手と共にいられるって、すごい憧れちゃうよー><
おし、今年こそ、めんどくせーって口癖を直して、相手さがしてみるぞ!
目指すは、乙女座の公務員タイプの地味目のおにーちゃんだ! これ、萌えツボなんすw
ということで、ブロークバック・マウンテンはDVDになったら、買おうっとw

サントラは、リンダ・ロンシュタットやら、カントリーやら有名曲目白押しで、こちらもオススメでございます。


オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン
ピューリッツァー賞受賞作家のアニー・ブルー原作作品をベースにした、アン・リー監督による映画のサントラ盤。カウボーイ2人の許されない恋愛を描いた作品で、音楽もフォークやブルーグラス、カントリーなどのアメリカン・ルーツ・ミュージックが聴ける。



posted by リュニィ at 03:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「ブロークバック・マウンテン」は繊細な愛の物語
Excerpt:  久しぶりにほぼ満席の映画館(京都シネマ)で映画を観た。待望の「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)。ベネチア映画祭でグランプリを獲得するなどして、アカデミー作品賞の大本命だったが、監督賞に..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-03-20 17:41

ブロークバック・マウンテンで見る世界014●能ある鷹は爪を隠す
Excerpt: 当事者意識の有無による 「感じかた」の違い  LGBT雑誌「yes vol.2」に掲載されていた「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」という記事を読み、どうし??..
Weblog: フツーに生きてるGAYの日常
Tracked: 2006-03-22 15:43

「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る
Excerpt: 「ブロークバック・マウンテン」★★★★ ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演 アン・リー監督、2005年アメリカ 大自然を前にしても 人の心は開放されない。 人生は思うように..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-08 00:06

ブロークバック・マウンテン
Excerpt: ブロークバック・マウンテン 2006/03/04公開 監督:アン・リー ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホール ミシェル・ウィリアムズ アン・ハサウェイ 2005..
Weblog: お熱いのがお好き
Tracked: 2006-04-17 15:22

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。