2006年02月19日

滋賀園児殺害

どんな理由があろうとも、子供を犠牲にするなんて、ダメでしょ、最悪でしょ、許せないでしょ。


1999年に起こった護国寺の幼稚園の母親同士の確執の事件もそうだけど、母親の思い込みだろうが、なんだろうが、とにかく無関係な子供を犠牲にするのは違うだろうと。
何もわからなかったであろう、犠牲になったお二人の子供さんが、せめて心安らかに天へ召されることを祈らずにはいられません。無念であったろうと。
死を認識する間もない一瞬の出来事であったろうと思うと、胸が痛いです。

子供を守るために行っていた「グループ送迎」が、逆にあだになったとは。
安心ってモノが、いかに儚く心もとないものかと。
子供をお持ちの親御さんたちの、不安は深まるばかりです。

極論かもしれないけど、大人同士で色々あって、やりあうのはまだいいよ。
無力な子供を手にかけるのだけは、やめてほしい。
それは、ずるい。
posted by リュニィ at 17:42 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

滋賀2園児殺害事件と幼稚園義務教育化!
Excerpt: 滋賀で2園児がグループ送迎中に母親に殺害される、という事件が起こった。原因はその母親の子育てや家族同士の付き合いについてのストレスだ、と現在のところ報道されている。 身勝手な犯罪である。しかし今..
Weblog: 日記
Tracked: 2006-02-20 02:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。