2006年05月09日

Def Tech [Catch Tha Wave]

Def Tech(デフテック)はハワイ育ちのShen(シェン)、日本育ちのMicro(マイクロ)からなるボーカルユニット。
2人は共通の友人Jesse(RIZE)を通して知り合う。Def TechというネーミングもJesseが名付けた。「Def Tech=テクニックをひけらかさない」Defはスラングで「チョーカッコイイ」という意味もある。「ハワイと日本」「全く違う音楽性を持つShenとMicro」「英語と日本語の文化」という異なる2つの要素を融合させ、立体的な音楽性が特徴となっている。また、日本語が堪能なShen、サーフィン暦15年の Microというキャラ立ちした2人。現在は、下北沢、渋谷、六本木を中心にライブ活動を展開している。

Amazon・comより抜粋−−−−−−−−−−−−−−−−

2005年にリリースした2枚のCD売り上げ総数が180万枚を突破し、いまさら説明も必要ないだろうけど。
ぜひ、聞いてみてw
メッセージ性の強い歌詞が、印象的でいいっす。

新曲の「Catch Tha Wave」は、ビデオクリップもエコロジカルで癒し系。
やっぱり海はいいねー^^

今回のアルバムは、タイアップ曲満載なんで、彼らを知らなかった人たちも入りやすいと思います。
ぜひ^^


Catch The Wave
Jawaiian Style Records
発売日:2006-04-26

posted by リュニィ at 09:08 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽

2006年05月09日

ナイロビの蜂

レイチェル・ワイズが今年のアカデミー助演女優賞を獲得した作品。

原作は、英国の文豪ジョン・ル・カレの小説。監督は「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス。主人公を演じたのは、「イングリッシュ・ペイシェント」などで知られるレイフ・ファインズ。

前評判では、広告に江原さんとかが出てて、いまいちどうなのよ? と、微妙な感じだったのですが、いやー、なんか、違うじゃんって感じで、めっちゃよかったです。
夫婦愛のありきたりな恋愛映画なのか? と思って見て見たらとんでもなかった。ガリガリの社会正義モノでした。

妹がたまたま試写会の応募に当たって。
で、女性ペア券ということで、他に行く人いないから付き合ってってことで、明治記念館まで小雨降る中行ってきました。ビバ、タダ券w
女性オンリー試写会ということで、予想通り、協賛企業からの提供品とかがお土産にもらえたりと、うまうまでした。


映画『ナイロビの蜂』公式サイト






さて、ネタばれですが。

続きを読む
posted by リュニィ at 00:36 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。