2006年10月09日

北朝鮮:地下核実験実施

北朝鮮が、地下核実験を実施したとニュースが流れています。

世界平和を心から祈っています。

つーか、マジでやるか? 
もーありえないでしょ><
戦争反対ですよー;;

放射能漏れは、どうなのよ?
きちんと報道してほしいなあと思います。
制裁確定で、緊迫するじゃんねえ。
国際情勢から、孤立が鮮明になるんじゃ。。。
いやだにゃああああ;;

ちなみに、これで虚報だったら、それもどうよ。。。
あらゆる意味で、微妙だわああああ><。。。
posted by リュニィ at 13:28 | 東京 ☀ | Comment(27) | TrackBack(0) | ニュース

2006年10月08日

シューマッハまさかのリタイア

F−1鈴鹿サーキットに、たった今、悲鳴がこだましましたよ><
皇帝シューマッハのまさかのリタイアなんて;;
ありえないでしょおおおおおおお。
これがラストランだっちゅーのに。
フェラーリでなんでマシントラブルなんか起きるかね。それも、この大事な大事な戦いで;;

ぎゃあああああああ。

アロンソ、タナボタやね。
ううう、フェラーリのバカバカ><。。。。

さらば、皇帝シューマッハぁぁぁぁぁぁ;;


シューマッハ・コレクション(Amazon.co.jp仕様)
ユーロピクチャーズ
ミハエル・シューマッハ(俳優)
発売日:2006-10-06

posted by リュニィ at 15:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年10月08日

「24 シーズンW」

フジテレビで深夜に連続放映している「24 シーズンW」に、はまってしまって、寝られない><
DVDだと、入れ替えがめんどくさくて放置だったんだが、こうして一挙に24話を放映されちゃうと、間にCMが入っても見ちゃうじゃないかー><

シリーズTの時も、このパターンではまって見続けちゃったんだよね^^;

このシリーズって、だれも清廉潔白じゃないところが楽しい。
主人公のジャックなんて、薬中だったし、仕事失敗で更迭されるし、女性問題でもめるし、とにかく、任務遂行以外はダメダメっぷりを遺憾なく発揮してくれるダメ男。でも、一度走り出すととにかくしぶとくノンストップで疾走し続けてくれて、見ている側は、ハラハラドキドキ。
脇役も魅力的なダメダメ人間のオンパレードで、これまた楽しい。
かなり独特な味わいの作品ですわ。
アメリカ独特の正義感が鼻についたりもしますが、まあ、エンタテイメント作品ってことで、それすら楽しめれば良しと。

しっかし、ここに出てくる女性キャラ達の精神的な強さには感動だわさ。
タフで強い女性が、時折みせる脆い部分が素敵だわw
逆に男性陣の方が、情けなかったり、しょーもなかったり、ヒステリーだったりと、日本のドラマでは見られない醜態っぷりで、グーっすw


個人的には、コンピューターマニアのクロエ嬢が好きかな。
仕事は最高なんだけど、暴言失言の嵐で、周囲の空気が読めないなりに、ちゃんと気を使ったりするんだがw
こういう人が、かわいいなーっておもっちゃうw

今日は、エアフォースワンがステルス戦闘機に撃墜されちゃったんだけど、なんか笑えないわねえ^^;
日本にいると、つい、テロに対して麻痺しちゃってるけど、世界中で現在進行形で戦争は行われているという事実は、本当に恐ろしいことです。
平和な明日がきますように><
怖いのキライだし、痛いのやだし。誰だってそうだよね><
「24」とかを、ボケーっと見ながら、笑っていられる世界であってほしいです。


24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
キーファー・サザーランド(出演・声の出演)キム・レイヴァー(出演・声の出演)
発売日:2005-11-25
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 ジャックは生きている
おすすめ度5 Special Discも良かった!!!!
おすすめ度4 やはり観てしまう
おすすめ度4 多少マンネリ感があるものの
おすすめ度5 これドラマ?映画じゃない?


posted by リュニィ at 04:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマ

2006年10月07日

故米澤嘉博さん通夜

麻布十番の善福寺で行われた、コミケ代表だった故米澤嘉博さん通夜に行ってきました。

当初は、明日の13時からのお葬式に行こうかと思ったんですが、通夜が親族以外でもOKってことだったのと、やはりお世話になりましたので、一目お別れにと。

朝からの雨はやまないままで、天も泣いているんでしょうなあ。
1時間前の17時に麻布十番についちゃって、少し商店街を歩きましたが、その時点ですでにコミケスタッフの案内の方々が道なりに誘導してまして、このあたりはさすがに慣れてるなあと。
通夜の開始が18時からでしたので、10分前位に善福寺についてまずカードに記帳がわりに記入して、受付にお香典と一緒に提出。
その後5列で本道前に設営されたテントに並んで、読経を聞いてその後列のままお焼香となりました。
私は早めだったのか、あまり待たずにお焼香できました。

遺影が、普段着の、コミケ会場とかでお見かけするような米澤氏で、さすがにそれを見た瞬間、ぶわあああああっといろんな思い出が噴出しちゃって、涙がこぼれちゃいました。

参列した人たちもみんなまだまだ若くて、あまりお香典とか数珠とか形式的な事はさておきって感じで、気持ちでみんな来てるんだろうなあってのが、かえって故人の人徳を感じましたです。
おまいら、みんな、最後に会いにきたんだなあって><。。。
私は仕事柄一応、社会人の形式に則ってきましたが、その方が少数派だったかもです。
でも、形より気持ちだよー><
変に形式を気にして行かないより、とにかく最後なんだから会いにいこうよっていうほうが、故人もうれしいんじゃないかね。


ひとつの新しい文化を継続して築き続けてきたのは、本当にすごいと思います。
良くも悪くもカオスを丸呑みして肥大し続けたコミケを支え続けた米沢さん。
どうか安らかにご冥福をお祈りいたします。
向こうで先に行ったイワエモンと会えたかな><。。。

雨と風の中、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
いいお通夜でしたよ。

明日は、お葬式ですね。
夏コミなみの暑さになりそうな予報がでてますが、どうか頑張って最期の花道を作ってくださいませ。

米澤さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。


マンガと著作権―パロディと引用と同人誌と
コミケット
米沢 嘉博(編集)
発売日:2001-08
おすすめ度:4.0

posted by リュニィ at 01:11 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年10月03日

ディープインパクト3着

ありえない;;
なぜだああああ、ディープよぉぉぉぉ><
馬群に沈む失速した君の姿をまさかロンシャン競馬場でみようとは。
武さま、勝負どころがちょい早すぎたとか言われてましたが。
でも、武さまが乗っての3着じゃ、しょうがないっすよ。ね。
残念無念!

後方からのぶっちぎり加速が見たかったよん。


ディープインパクト~無敗の三冠馬はこうして生まれた~
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
競馬(俳優)
発売日:2005-12-21
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 凱旋門賞では惜しくも3着でしたが…まだまだ伝説は始まったばかりです!
おすすめ度5 内容が充実!
おすすめ度5 最強馬に迫ったNHKスペシャル

posted by リュニィ at 16:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年10月02日

<訃報>米澤嘉博さん

米澤嘉博さん53歳(よねざわ・よしひろ=漫画評論家、コミケット社長)1日、肺がんのため死去。葬儀は米澤家とコミックマーケット準備会、コミケットの合同葬として7日午後1時半、東京都港区元麻布1の6の21の善福寺。自宅は非公表。葬儀委員は準備会の安田かほるさんら。喪主は妻英子(えいこ)さん。


訃報続きですが。。。。
コミケット代表の米澤氏が、お亡くなりに。
まだ53歳という若さで。。。。。まじか><
ご冥福をお祈りいたします。


一時期は大変お世話になりました。
まだ、晴海時代に最初お世話になって、嵐のガメラ館の搬入ではスタッフの皆さんにご迷惑かけまくったっけ。
台風直撃で大嵐の中、雨に濡れながら館内整理や列対応してもらって。
その後、幕張や今のお台場になってからも、一時コミケからネットへ移行しちゃって参加しなかったりもしたけど。
行くと、懐かしい気がしましたよ。
知った顔があちこちいて、コミケは時間が止まっていたような錯覚を覚えていられました。
幸福な勘違いなんだけどね。
楽しかった子供の時代の象徴って感じです。
やってた事は子供なんてかわいいもんじゃなかったけど。
ごみ袋に札束詰め込んで、間違えて捨てそうになってスタッフに怒られたり。前日搬入で印刷所のトラックを誘導間違えて、あわてたり。
当日、午前中で本が売り切れちゃって、昼過ぎに再搬入なんて掟破りを昔はしたりしたっけね。
懐かしいなあ。
本が届いた瞬間、並んでいた人たちとスタッフみんなで拍手したり。
今の肥大化したコミケだと難しいアマチュアリズムがあったような気がするよ。
今は今で、利権に絡んだ商売人が闊歩してて、それはそれで、混沌とした感じが楽しめればそれもそれでいいだろうね。

私にとっては、学生時代のいい思い出であり、ある意味商売人としての一歩を歩き始めたきっかけであり、こんな性悪なわがまま女にしてくださった人生の鍛錬場でもありました。

いろんなモノを飲み込んで存在し続けるコミケットという場所を作り育て支え続けた代表、米澤氏には、ほんとに尊敬の念を覚えておりました。
私も、いろんな同人イベントを見てきましたが、やっぱり別格でした。
問題があっても、それを乗り越えてサークルを参加させてくれたし。
継続が一番難しいことだとおもうもの。
私とか、継続ってほんと無理。すぐゼロの戻りたがるし><

今後は3人の代表+ベルさんが後見だそうですが、彼らなら米澤氏の志を引き継いで、コミケットを続けていかれると思います。
うーん、なんか追悼って事で、12月は一般参加しにいってみようかなあなんてちょっと思ったりします。
昔のコネでチケット手に入るだろうけど、まあ、それもなんだしなあ。
とりあえず、フデちゃん、がんばれよー。
posted by リュニィ at 02:01 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年09月22日

元声優の曽我部和恭さんが食道癌のため死去

曽我部和恭(そがべかずゆき)さんは食道癌のため、
9月17日(日)午後8時ごろ永眠いたしました。
享年58でした。


愛称:ガベさん。
『銀河旋風ブライガー』のかみそりアイザックをはじめとしたJ9シリーズのリーダ格、 『破裏拳ポリマー』の主人公・ポリマー、『パタリロ!』のジャック・バンコランなどの 役で知られていた。
テアトル・エコーから、青二プロダクションに所属していた。凛とした声を生かして 『パタリロ!』のバンコランやJ9シリーズなどで美形キャラを多数担当し人気を得る。

いやー、80年代の初期やおい娘達の憧れの声優さんが、お亡くなりに;;
まだまだお若いのに、食道がんとは、残念無念です。
パタリロのバンコラン役では、夕方のゴールデンタイムにマライヒとのベッドシーンが流れて、ある意味「神」アニメでございましたなあ。
コミケではJ9が島を作り、まだ腐女子なんて単語もBLなんてジャンルも無かった時代でしたが、ガベちゃんのアイザックはかなり楽しい思い出になっておりますよ、ええ。うはー、年ばれるやん。

なにもかも、みな懐かしい。。。。。

当時は、まだ、声優ってお仕事は俳優さんがお仕事が無い時に代打的にやってたり、今みたいに仕事としてきちんと確立する前で、色々大変だった時代でしたね。
仕事で地方出張した某アニメの広告イベントに同行していらした某声優の方々は、今じゃ大御所さんですが、当時は、待遇改善のために組合結成したほうがいいかなあとか、声についてロイヤリティ扱いとか無理ですかねとか、なんだか色々相談されたのをおぼえてます。
当時、小娘だった私にいい年したオジサマやおにーちゃんが、真剣に老後について不安を訴えていらして、かなり新鮮でしたっけ、はははー^^;
ある意味個人事業主みたいなもんだし、事務所に入っていても結局人気商売だからねえ。
仕事が無い時とか、自民党の選挙カーで声出しのバイトしてますとか、ご苦労話は、盛りだくさんでした。

今は良くも悪くも、萌え文化最盛期で、小粒な声優が量産された感じ。
声を聞いた瞬間に鳥肌が立つような色のある声優さんって、いなくなっちゃったよねえ。
塩沢さんとか、ガベちゃんとか、まじ、いい声だったもんなあ><
こうなったら、赤い彗星のシャアの池田さんとか、長生きしていただきたい。。。
装甲騎兵ボトムスの主人公キリコちゃんなんて、郷田ほづみ氏だったりするから、時々テレビドラマで銀行員役とかでお会いできますが。
なんかさー、壮絶な色気のある声が懐かしいですわあ。
声だけで美形判定可能な声優さんって、いないかしらん。

ガベちゃん、ご冥福をお祈りします;;
アイザックは不滅さあ>< うわーーーーん;;
posted by リュニィ at 03:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能

2006年09月06日

皇室男子誕生おめでとうございます

秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区南麻布5の愛育病院で、帝王切開手術で男児を出産された。
皇室男子出産は41年ぶり。
これで、皇位継承権3位になられる新宮さま。

お誕生、おめでとうございます!
posted by リュニィ at 19:12 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2006年07月22日

ハウルの動く城

スタジオジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」が、昨日日本テレビ系列でノーカット地上波放送された。
邦楽興行成績歴代2位ということで、かなりの人が見ただろうこのアニメって、第62回ベネチア国際映画祭 栄誉金獅子賞取っていたのね@@;
忘れてたw

前作の、千と千尋がとーっても好きだったんだけど、今回はアルザス地方に取材に行ったそうで、ヨーロッパ風味のファンタジー。
第二次世界大戦前っぽい雰囲気で、あいかわらずの反戦メッセージも健在。
色々評価は分かれたみたいだけど、私は好きな作品でしたよ、ハウル。

なんたって、主人公のソフィーがかわいいし、相手がヘタレのハウルって笑えた。
美貌の魔術師ハウルは、実は臆病者の超ヘタレってあたり、もうちょっと描いて欲しかったようなw
まー、サリヴァン先生の最後の弟子で、荒地の魔女に追いかけられれば、そりゃシンドイわなあwww
これって、ヒロインはソフィーじゃなくて、ハウルの方だわよね。
ソフィーの声優だった倍賞さんの声は、映画を見ている間に違和感はなくなりました。さすが演技派女優。これは若い子には出せないなあ。
美輪さんの声の演技は、すばらしかった。
荒地の魔女の恐さとキュートさが、とてもよく出てたわあ。

個人的には、世界観は今までの宮崎アニメの中では、一番好きかなあ。
美しい自然と破壊兵器の対比が効いてて、子供に安心して見せられる映画。
大人もちゃんと楽しめるって、いいことだわ。

最後に、王子様よりハウルしか眼中になかったソフィー萌えw
きれいに完璧に無視状態で、かなり笑ったw
ハウルっていい意味で愛妻家よりも恐妻家になりそうで、その後が見たかったようなw
ま、ハウル、かわいかったよw うんwww

宮崎氏の長男が「ゲド戦記」をアニメ化の監督らしいけど、どうなることか。
硬派なSFファン達を納得させられなくてもいいので、子供でもわかるような作品に仕上がっているといいなあ。
どっかで、「闇の左手」アニメ化してくれよw


ハウルの動く城
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005-11-16


posted by リュニィ at 09:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年07月15日

ユーヴェ優勝剥奪

現地時間14日、ユヴェントスをはじめとする複数クラブの八百長疑惑について審理が行なわれていたイタリアで、同クラブなど3クラブを来季セリエB(2部相当)へ降格させるとの判決が下った。なお、同様に審理の対象となっていたミランは降格を免れている。ロイター通信が報じた。

 ユヴェントスは昨季破竹の勢いで2シーズン連続優勝を果たした、名実ともにビッグククラブ。しかし、シーズン終了間際に同クラブとイタリアサッカー連盟幹部が絡んだ審判不正手配疑惑や粉飾経理などが発覚、幹部が総辞職する事態に追い込まれたほか、現役イタリア代表選手も事情聴取を受けるなどの一大スキャンダルに発展していた。

 当初、ユヴェントスはセリエC1(3部相当)への降格が予想されていたが、GKブッフォンをはじめ、2006年W杯優勝に多くのユヴェントス選手が貢献したことも働いたのか、2部降格との判決が下った。とはいえ、ユヴェントスにとっては過去2シーズンの優勝が剥奪されるほか、勝ち点マイナス30からのセリエBスタートと、非常に厳しい処分。セリエBで大勝したとしても、同クラブの来季1部昇格は困難であり、スター選手の移籍は必至との見方もある。

「毎日新聞ニュース」−−−−−−−−−−−−−−−−


3部じゃなくて、まだましだったね><
うーん、これで中心選手たちは、切り売りかなあ。
スター選手ぞろいって、こうなるとかえって仇でしたね;;
ネドベドどうするんかなあ。
クラブでの現役は続行みたいだから、先行きはっきりするといいね><
posted by リュニィ at 16:06 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。